世界は笑う 瀬戸康史 松雪泰子 千葉雄大

世界は笑う 瀬戸康史 松雪泰子 千葉雄大

「世界は笑う」はケラリーノ・サンドロヴィッチが描く、昭和30年代新宿、笑いに魅せられ、笑いに取り憑かれた人々の奇想天外な人間ドラマ。瀬戸康史、松雪泰子、千葉雄大他出演。

2023年2月13日(月)まで割引中「Audials One 2023」

2月13日(月)まで割引中 Audials One 2023 icon
「Audials One 2023」(オーディアルズ ワン)は、web上で配信されている動画や音楽を簡単に録画・録音することができるAudials社のソフトです。YouTubeの動画なら、URLをコピペするだけで簡単に保存できます。 また、多彩な形式のファイルに対応、iPhoneなど再生する端末に合わせたファイル変換もできます。

スカパーの加入申し込みはこちら
ソースネクスト ソースネクスト

<世界は笑う>KERA演出の舞台をWOWOWで放送・配信 瀬戸康史、松雪泰子、千葉雄大ら出演


<世界は笑う>KERA演出の舞台をWOWOWで放送・配信 瀬戸康史、松雪泰子、千葉雄大ら出演

劇作家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)さんが作・演出した舞台「世界は笑う」が、WOWOWライブとWOWOWオンデマンドで、2023年2月11日午後6時15分から放送・配信されることが12月25日、明らかになった。 
舞台は、昭和の喜劇人を題材に、笑いに魅せられ、笑いにとりつかれた人たちに焦点を当てた人間ドラマ。
瀬戸康史さん、松雪泰子さん、千葉雄大さん、勝地涼さん、伊藤沙莉さん、ラサール石井さん、銀粉蝶さんらが出演した。
WOWOWでは、8月24日にBunkamuraシアターコクーン(東京都渋谷区)で行われた公演を、放送・配信する。

放送予定 配信

「世界は笑う」 作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ WOWOW
2023年2月11日(土・祝)午後6:15

上記サムネイルは取得時の情報です。現在の放送日程はリンク先をご確認ください。

配信中

2023年2月11日(土・祝)午後6:15 以降(予定)

CS BS 有料多チャンネルサービス


スカパーの加入申し込みはこちら

動画配信 VOD

Amazon Prime Video
U-NEXT
U-NEXT

huluで見放題!


オリジナルコンテンツ数No1!【ABEMAプレミアム】
mieru-TV
映画やドラマがお得に見れる!mieru-TV
music.jp
特別プラン!music.jpで専門チャンネルも映画も!

DVD宅配レンタル


動画配信にない作品もDVD宅配レンタルなら見つかるかも?


【TSUTAYA DISCAS】DVDレンタル

『世界は笑う』オンデマンド配信


「世界は笑う」公演のオンデマンド配信をBunkamura STREAMING/PIA LIVE STREAMチケットぴあ/イープラスStreaming+にて実施いたします。
11月11日(金)12:00より配信視聴券販売開始!!
「三角座」を舞台に繰り広げられる、笑いに取り憑かれた人々の群像劇を画面を通じて、是非お楽しみください。この機会をお見逃しなく!
※配信される舞台映像は、Bunkamuraシアターコクーンにて収録された映像を配信用に編集した"配信限定編集版”となります。
■配信期間
〇Bunkamura STREAMING
2022年11月11日(金)12:00〜11月25日(金)23:59
〇PIA LIVE STREAMチケットぴあ/イープラスStreaming+
2022年11月11日(金)12:00〜11月18日(金)23:59
■販売期間
〇Bunkamura STREAMING
2022年11月11日(金)12:00〜11月25日(金)20:00
〇PIA LIVE STREAMチケットぴあ/イープラスStreaming+
2022年11月11日(金)12:00〜11月18日(金)20:00
■視聴券料金
【一般視聴券】3,500円
チケットぴあ

世界は笑う

世界は笑う シアターコクーン


世界は笑う シアターコクーン

世界は笑う 京都劇場


世界は笑う 京都劇場

千葉雄大 Instagram

瀬戸康史 Instagram

勝地涼 Instagram

書籍 世界は笑う ケラリーノ・サンドロヴィッチ

内容紹介(出版社より)
笑いに魅せられ、笑いに取り憑かれた人々

 

昭和三十年代前半の新宿を舞台に、喜劇俳優たちと彼らを取り巻く人々の織りなす,哀しくて可笑しい傑作群像劇。

 

内容紹介(「BOOK」データベースより)
笑いに魅せられ、笑いに取り憑かれた人々。昭和三十年代前半の新宿を舞台に、喜劇俳優たちと彼らを取り巻く人々の織りなす哀しくて可笑しい傑作群像劇。

 

著者情報(「BOOK」データベースより)
ケラリーノ・サンドロヴィッチ(ケラリーノサンドロヴィッチ)
劇作家、演出家、映画監督、音楽家。1963年1月3日生まれ。1982年ニューウェイヴバンド「有頂天」を結成。またインディーズ・レーベル「ナゴムレコード」を立ち上げ、70を超えるレコード、CDをプロデュースする。並行して1985年に「劇団健康」を旗揚げ、演劇活動を開始、1993年に「ナイロン100℃」を始動。1999年『フローズン・ビーチ』で第43回岸田國士戯曲賞を受賞、現在は同賞の選考委員を務める。演劇活動では劇団公演に加え「KERA・MAP」、「ケムリ研究室」などのユニットも主宰。2018年秋の紫綬褒章を受章。ほか、各種演劇賞受賞歴多数。音楽活動ではソロ活動の他、2014年に再結成されたバンド「有頂天」、「KERA & Broken Flowers」でボーカルを務める。鈴木慶一氏とのユニット「No Lie-Sense」等、各種ユニットでライブ活動や新譜リリースを精力的に続行中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「INU-KERA VOL.86」【ゲスト】千葉雄大 ラサール石井

動画