短い時間でも、こどもにとっては宝物 佐藤浩市さん夫妻が続ける「フレンドホーム」という繋がり方

浩市さんは週末などに様々な事情があり、親と暮らせない子供たちを自宅であずかる「フレンドホーム」という活動をしています。
「里親」というと、大きな責任があり、なかなか難しいのでは?と思ってしまいますが、自分のできる範囲で支援する方法はあるということをインタビューなどで語っています。
このページでは「里親制度」に関する佐藤浩市さんのインタビュー記事などをまとめています。
 
当サイトは記事内にアフィリエイト広告を利用しています。

WOWOW

WOWOWオンデマンド

佐藤浩市さんが関わる「里親制度」について

浩市さんは週末などに様々な事情があり、親と暮らせない子供たちを自宅であずかる「フレンドホーム」という活動をしています。
「里親」というと、大きな責任があり、なかなか難しいのでは?と思ってしまいますが、自分のできる範囲で支援する方法はあるということをインタビューなどで語っています。
このページでは「里親制度」に関する佐藤浩市さんのインタビュー記事などをまとめています。

こども家庭庁 里親制度等について

短い時間でも、こどもにとっては宝物 佐藤浩市さん夫妻が続ける「フレンドホーム」という繋がり方

背伸びしなくてもいい フレンドホームで佐藤浩市さんが行き着いた思い

「里親」体験談・佐藤浩市さん《前編》20人以上の子供たちと接してきて見えたこと《後編》里親の活動を通して知った日本の子供たちの事情

広げよう『里親』の輪│朝日新聞GLOBE+