ひとりぼっちのオリンピック

ひとりぼっちのオリンピック

佐藤浩市出演ドラマ「ひとりぼっちのオリンピック」の情報です。
 

TBSチャンネルで「佐藤浩市」で検索したら、ものすごく懐かしい作品の情報ページがありました。

ひとりぼっちのオリンピック
1983年作品のドラマ「ひとりぼっちのオリンピック」は、ふとしたきっかけから、シングルスカル(一人乗りボート)でモントリオールオリンピックを目指す、ある大学生の青春を描く。

上記サムネイルは取得時の情報です。現在の放送日程はリンク先をご確認ください。

スカパー!の加入はこちら

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

 

この作品、昔は全然観る方法がなくて、横浜放送ライブラリーで確認するしかなくて…。
横浜放送ライブラリーで観た時の私の感想は以下です↓

横浜放送ライブラリーで見てしまいました。浩市氏若い!若すぎるううう〜とモニタの前でのた打ち回る変な人になってしまいますので気をつけましょう。

ひとりぼっちのオリンピック 原作

内容紹介(出版社より)
五輪に人生を翻弄された青年を描き、山際淳司のノンフィクション作家としての地位を不動のものにした表題作をはじめ、「回れ、風車」「すまん!」など、五輪にまつわる野球以外の傑作短編を収録。解説・石戸諭。

 

内容紹介(「BOOK」データベースより)
五輪に人生を翻弄された青年を描き、ノンフィクション作家としての地位を不動のものにした表題作をはじめ、「回れ、風車」(ソフトボール)「ポール・ヴォルター」(棒高跳び)など、五輪にまつわる様々なスポーツの傑作短編を収録。スポーツが持っている多彩な魅力を感じられる作品集。

 

目次(「BOOK」データベースより)
スタジアムからの贈り物/たった一人のオリンピック/回れ、風車/ポール・ヴォルター/「すまん!」/オリンピックをめぐって/ロウイング、ロウイング/オリンピックの季節

 

著者情報(「BOOK」データベースより)
山際淳司(ヤマギワジュンジ)
作家。1948年神奈川県生まれ。中央大学法学部卒業後、ライターとして活動。80年「Sports Graphic Number」(文藝春秋)創刊号に掲載された短編ノンフィクション「江夏の21球」で注目を集める。81年同作が収録された『スローカーブを、もう一球』(角川書店)で第8回日本ノンフィクション賞を受賞。NHKのスポーツキャスターとしても活躍。95年5月29日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

内容紹介
スポーツにとりつかれた男たちを描く、ロングセラースポーツエッセイ。
ホームランを打ったことのない選手が、甲子園で打った16回目の一球。九回裏、最後の攻撃で江夏が投げた21球。スポーツの燦めく一瞬を切りとった八篇を収録。
内容紹介(出版社より)
ホームランを打ったことのない選手が、甲子園で打った16回目の一球。九回裏、最後の攻撃で江夏が投げた21球。スポーツの燦めく一瞬を切りとった8篇を収録。

 

内容紹介(「BOOK」データベースより)
たったの一球が、一瞬が、人生を変えてしまうことはあるのだろうか。一度だけ打ったホームラン、九回裏の封じ込め。「ゲーム」-なんと面白い言葉だろう。人生がゲームのようなものなのか、ゲームが人生の縮図なのか。駆け引きと疲労の中、ドラマは突然始まり、時間は濃密に急回転する。勝つ者がいれば、負ける者がいる。競技だけに邁進し、限界を超えようとするアスリートたちを活写した、不朽のスポーツ・ノンフィクション。

 

目次(「BOOK」データベースより)
八月のカクテル光線/江夏の21球/たった一人のオリンピック/背番号94/ザ・シティ・ボクサー/ジムナジウムのスーパーマン/スローカーブを、もう一球/ポール・ヴォルター

 

著者情報(「BOOK」データベースより)
山際淳司(ヤマギワジュンジ)
1948年神奈川県生まれ。80年「Sports Graphic Number」創刊号の短編ノンフィクション「江夏の21球」でデビュー。81年『スローカーブを、もう一球』で第8回日本ノンフィクション賞受賞。95年、没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ひとりぼっちのオリンピック モデル